トップメッセージ

Message from Top Management

私たちの事業分野は、省エネ・CO2削減、エネルギーマネジメント、電気供給、再生可能エネルギーの開発と多岐にわたります。
独創性のあるグループ企業へ転換を進め、長期的成長を目指します。

  • 私たちテスホールディングスは、「エンジニアリング事業」、「エネルギーサプライ事業」を主たる事業領域とし、テス・エンジニアリングを含むグループ12社の経営を担う会社として2018年4月1日にスタートを切りました。
  • TESSグループは、「オンサイト発電」をコア事業として、コージェネレーションシステム、太陽光発電・バイオマス発電といった省エネルギー・再生可能エネルギーのEPC(設計、調達、施工)やO&M(運用・保守)分野において四半世紀に渡り、国内トップクラスの実績を積み上げてきました。
  • いま、エネルギー業界では、猛烈なスピードでイノベーションが起こっています。「エンジニアリング事業」では、国内外の有力企業とのパートナーシップ・アライアンス強化を図り、TESSグループの本格的なエンジニアリング力を磨いていきます。また、「エネルギーサプライ事業」では、TESSグループの現場力にIoTを掛け合わせ、素早い外部環境の変化に対応していきます。
  • また、新たな事業展開エリアとして、海外をターゲットとしていきます。再生可能エネルギー発電事業、蓄電池を活用した需給調整市場への参入やバイオマス燃料開発など、TESSグループのノウハウや実行力を活かしながら、海外においてもお客さまの要望されるエネルギーソリューションを積極的に展開してまいります。
  • 経営方針としては、「エンジニアリング事業」、「エネルギーサプライ事業」の2つのバランスを取ることで安定した経営基盤を築き、企業の根幹である人材の育成・開発をベースに、社会的責任や企業統治を重視し、持続可能な長期的成長を目指してまいります。
    世界的な環境対策の潮流である「脱炭素化社会」「ESG(※1)」に向けた投資に対し、「事業モデルの変革」を大胆に行ってまいります。
  • 2015年9月に国連サミットで採択されたSDGs(※2)を大きな経営指標としてグループ経営を推し進めることにより、必ずや多くのステークホルダーの皆さまのご賛同をいただけるものと考えております。
  • 今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2020年1月
  • テスホールディングス株式会社
  • 代表取締役会長兼社長
  • 石脇 秀夫
  • ※1 ESG:「Environment(環境)」、「Social(社会)」、「Governance(企業統治:ガバナンス)」の3つの頭文字からなる企業活動の社会持続性に関する指標。
  • ※2 SDGs:2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標。(17のゴール・169のターゲットから構成される)

TESSグループ企業理念

顧客重視・顧客満足顧客重視・顧客満足
私たちは、企業理念である「顧客重視・顧客満足」のもと、グループ一丸となってお客さまのエネルギー問題に真剣に取り組むことを第一とします。さらに、事業を通じて社会的責任を果たしながら長期的成長を目指すことで、ステークホルダーの皆さまの期待にお応えします。